CSS Drop Down Menu by PureCSSMenu.com

生活福祉資金貸付

低所得者、障がい者や高齢者の生活を経済的に支えるとともに、相談支援を行うことにより在宅福祉及び社会参加の促進を図り、安定した生活を送れることを目的としています。世帯の状況や必要にあわせた資金の貸付を行っています。

実施主体は沖縄県社会福祉協議会とし、窓□・受付は糸満市社会福祉協議会となっています。

資 金 種 類 資 金 の 内 容 貸 付 対 象
総合支援
資   金
●生活支援費
  • (生活再建までの間に必要な生活費)
失業等、日常生活全般に困難を抱えており、生活の立て直しのために維続的な相談支援と生活費、及び一時的な貸付を行うことにより自立が見込まれる世帯
●住宅入居費
  • (敷金・礼金等住宅の賃貸契約時
  • に必要な費用)
●一時生活再建費
  • (生活再建に一時的必要かつ日常生活で賄うのが困難な費用)
福祉資金
●福祉費
  • 技能習得に必要な経費
  • 福祉用具及び福祉車輌の購入に必要な経費
  • 負傷又は疾病の療養にかかる経費
など
日常生活を送る上で自立生活に資するため一時的に必要であると見込まれる貸付
緊急小□資金
緊急的かつ一時的に生計の維持が困難となる場合の貸付
※この資金のみ連帯保証人は不要
教育支援
資   金
教育支援費
高等学校・大学・専門学校に就学するのに必要な経費の貸付
就学支度費
高等学校・大学・専門学校への入学に際し必要な経費
不動産担保型
生 活 資 金
低所得高齢者世帯向け
低所得または要保護の高齢者世帯に対し一定の住居用不動産を担保として生活費を貸付する
要保護世帯向け

ふれあい相談

 日常生活のなかで解決できない問題に直面し一人で悩んでいませんか?
家族の中で抱えている問題があってどこに相談したらいいのか困っているかたはいませんか?

ふれあい相談では相談者とー緒になって問題解決の糸□を探していきます。また、相談内容に応じて関係機関との橋渡しなども行っています。

相談したいけど場所がわからない、車がなくて相談にいけないというかたは電話相談もやっていますので問い合わせ下さい。

※個人情報・相談内容については秘密厳守します。
852-3000(相談専用番号)

ホーム |  社協とは |  お知らせ |  個人情報について


Copyright(c)2010社会福祉法人 糸満市社会福祉協議会 All rights reserved